和型から洋型までお墓デザインも進化する

バナー

和型から洋型までお墓デザインも進化する

大切な人が亡くなるのはとても辛く悲しいことです。

出来れば直面したくない出来事でもありますが、その人と共に過ごした時を大切な思い出として前向きにまた生きていくためにも、故人を偲び、見送りの最後の最後まできちんとしてあげたいと思うものです。

一昔前はお墓といえば、一通り決まったスタイルで、墓地といえばなにかおどろおどろしい雰囲気さえ漂う暗いイメージのものでしたが、いまや、墓地はどこかの公園かと見間違う程に美しく整備され、そこに並ぶお墓といえば、洋型も増えスタイリッシュな雰囲気漂うものから、ユニークなものまであり、暗いイメージがぬぐい払われたものになっています。

生前のうちに自分がのちのち入るお墓を好きなようにデザインし建てる方も多くなってきました。
そのお墓デザインは和型から洋型まで幅広くあり、限られた予算の中でも好みのお墓デザインを見つけれるほどまでに種類も豊富に売り出されています。
人気の洋型のお墓デザインは、墓石部分は横長な四角や美しい曲線を描くカットなどで型作られ、そこには昔ながらによくある「・・家之墓」といった文字はなく、「絆」や「心」「逢」など思い思いの一文字を彫り込んであったり、なかには故人へのメッセージととれる「ありがとう」といった文字なども見受けられます。
お墓はこうでなくてはいけないという風潮が払われ、自由な形で家族の絆、故人への愛を表現できるようになってきているのですね。

今まで亡くなる話は悲しい出来事が故、タブーとされていた世の中でしたが、いまや終活セミナーなるものまで発展してきています。自分がいずれこの世からいなくなるとき、その後お墓参りに来る残された家族のことも考え、どんなお墓をその後の永遠の住まいとするか、家族と共に考えてみるのも悪くはないなと思えるようになってきたと言えるでしょう。


人気上昇中の目黒の葬式のクチコミ評価が高いです。

三重の家族葬に興味ある方、必見です。

相模原市の家族葬について紹介しています。

千葉の霊園情報を利用してみませんか?

葬儀東京との上手な付き合い方をお知らせします。

Copyright (C) 2015 和型から洋型までお墓デザインも進化する All Rights Reserved.